円高・円安とは?FX初心者でもすぐわかる大事な基本

円高・円安とは?FX初心者でもすぐわかる大事な基本 FX
円高・円安とは

円高、円安 投資なんて知らん!って人でもこの単語ぐらいは聞いたことがあると思います。僕もなんか中学校ぐらいには言葉の意味ぐらいは習った記憶も・・・なくはない?もはやかえってこない青い春の話はいいでしょう。

よくテレビのニュース等で、円高・円安という言葉を聞くことがあると思いますが、この円高・円安って、どういう意味なんでしょう?

円高・円安とは?

円高・円安というのは円の価値のことを言い、円の価値が高くなることを円高、円の価値が低くなることを円安と言います。

んー・・・わからない!という方いるかと思います。 例で説明します。

今1ドルが100円だとします。 この為替レートが1ドル110円に動いたとすると、一見円高に動いたように見えますが、実際は円安に動いたことになります。

どういうことかと言いますと、以前は1ドル100円で買えたのに、今は1ドル買うのに110円必要な訳です。 逆に1ドル90円になった場合は、以前は1ドル買うのに100円かかったのが、今は90円で1ドルが買える訳です。 つまり「1ドル買う時にいくらかかったのか」が重要で、安く買えれば円高、高くなってしまえば円安、という事になります。
このあたりは「円が安い」という言葉と思い、「日本円の数字が少なければ安いんだ!」と勘違いしてしまう方が多い場所なのでご注意ください。逆ですので。

ちなみに何故、テレビのニュース等で頻繁に取り上げられているかと言いますと、日本経済に大きな影響があるからです。 今や日本だけでビジネスが完結する時代ではないので、輸出、輸入を行っている企業にとっては、円安に動くか円高に動くかは非常に重要です。

知っておきたい『基軸通貨』

知っておきたい『基軸通貨』

基軸通貨とは世界的な目安になる通貨を基軸通貨といいます。どのようなものが基軸通貨と呼ばれるのかというと下記のような特徴を持つ通貨が基軸通貨と呼ばれます。

  • 国際的に信用があること
  • 十分な流通量があること
  • 国際的な銀行で取引することができること
  • 世界中のあらゆる場所で換金が可能なこと

現在、第一の基軸通貨となっているのは、米ドルです。世界のどこにいても通用する安心感がありますね。 第二の基軸通貨としては、ユーロがあります。 ヨーロッパでは多くの国がユーロを採用しているため、ヨーロッパでは多くの場面でユーロが使用できます。 基軸通貨は時代によって変わっていきますが、リスク分散の意味で、複数の通貨を保有するというのは有効な戦略です。 その中でも、世界的に信用度の高いドルとユーロの両方を保有するというのは理にかなっています。

日本で取引可能な通貨

取引可能な通貨FX(外国為替証拠金取引)で取引できる通貨はどのようなものがあるでしょうか。 現在、日本の証券会社が取り扱っている通貨は、日本円と次のような国の通貨とを、組み合わせたものがあります。

【米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、スイスフラン、カナダドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド等】

「米ドルと円」、「ユーロと円」といった組み合わせを「通貨ペア」と言います。 日本円以外の米ドルとユーロ、ユーロと英ポンドといった通貨ペアもあります。

これらの通貨ペアの組み合わせは膨大な数になりますが、取り扱っている通貨ペアは証券会社によって異なり、日本では取り扱いのない通貨ペアもあります。 もちろん、自分が取引したい通貨ペアが決まっている場合は、その通貨ペアを取り扱っている証券会社の口座を開く必要があります。
とはいえ、最初は米ドル/円、ユーロ/円といったメジャー通貨の方が情報も得やすく、どの業者も扱っているため初心者にはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました