ファンドをどこで買う?最初だからこそしっかりとした1歩を踏み出すべき。ファンド購入の考え方

ファンドをどこで買う?最初だからこそしっかりとした1歩を踏み出すべき。ファンド購入の考え方 投資
ファンドをどこで買う?最初だからこそしっかりとした1歩を踏み出すべき。ファンド購入の考え方

株式なら、どこでも上場している株を買うことが出来ます。しかし投資信託は証券会社ごとに、扱っているファンドが違います。 (ETFと呼ばれる上場投資信託は、どこの証券会社でも同じものが買えます)そのため、自分の欲しいタイプのファンドを取り扱っているところを事前に調べる必要があります。

ファンドはどこで購入するのがいい?成長する個人投資家になるために

ただ、基本的に大手の証券会社なら、同じような品ぞろえですので、気にしなくても構わないとも言えますが。 調べるだけなら、インターネットで簡単に検索することが出来ます。 ネットの検索に『投資信託 証券会社』とでも入れれば、すぐにファンドの詳細とそれを扱っている証券会社が調べられます。

調べた後、投資信託を購入するには、証券会社や銀行などに口座を作らなければなりません。 銀行は、一般的に取扱商品が少ないですので、選択肢の面では証券会社が有利です。また、コストが高いので不利になりがちです。 また、一般的な証券会社では人を介して買うことになりますので、売り手の圧力で冷静な判断が出来なかったり、売り手がコストの高い商品を勧めてきたりと、初心者には、少々ハードルが高いように感じます。 私が合理的だと考えられるのは、オンライン証券です。インターネットを介して投資信託(株式も出来る)を売買することができます。 手数料も比較的安い場合が多いです。また、窓口の営業時間外でも売買注文を出すことが出来ますので、働いている人にも便利です。

大変恥ずかしい話ですが、私は投資を始めたばかりの時(専門家としての勉強をする以前)は「販売会社(証券会社や銀行)の人は投資のプロだから、意見をしっかり聞けば儲けさせてくれるに違いない」と考えていました。 しかし、いろいろと経験を積むうちに「販売会社の人は、金融商品を売ることのプロだが、投資のプロではない。 ファンドのリスクやコストを親身になって教えてくれるわけではないし、個人投資家が損しようが得しようが彼らには関係ない。 相場の先などわかるはずもない。自分自身で全てを判断しなければ、いいカモになってしまうだけだ」と考えるようになりました。

話を戻します。繰り返しになりますがオンライン証券でも販売会社によって、取り扱うファンドは違いますので、欲しいファンドを扱っている金融機関を事前に選ぶことが重要です。 ただ、基本的に規模の大きいところから選べば選択肢に問題はないでしょう。もし、インターネットではなく、金融機関の店頭で購入をする場合は、資産の全額を開示しないようにしましょう。 中途半端な知識でプロのセールスを聞かされると「その選択肢がベストである」と錯覚に陥ることがあります。

こうなると『いつまでたっても成長しない個人投資家』への第一歩を踏み出しかねません。 あくまで販売会社(金融機関)は『販売のプロ』であることを頭に入れて、自分自身が『運用のプロ』になるように努めましょう。 もう少し言うと、どんな金融機関の人間にも、今後の経済や株式などの市場の詳細な値動きは予測不能です。過信は禁物です。

基本的に、株式などの金融商品は「ランダム・ウォーカー」です。 これは、フラフラと平原を歩く酔っ払いのように、値動きに法則などがないことを指している言葉です。 もっと乱暴に言えば、「でたらめ」なのです。 どこまで行っても、誰に任せても、値動きの予測ができる人や金融機関はありませんので、ご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました