【FX】FXで大損の回避方法!

FX

未だにfxといえば大損とっても危ないやめとけみたいな風潮があります。

丸々ショックで焼かれたとか資金が吹っ飛んだ
とかそこかしこで耳にしますしFXで有り金全部溶かした人の顔みたいなのも流行りました。

しかしFXの基礎中の基礎さえ知っていればトレードで大損してしまうなんて自体
は基本的に対することができます。

全然難しくありませんので大損回避です。

ではその辺詳しく見ていきましょう。

FX回避方法

まずはそもそもの当然の話なのですがFXというものは元本保証なんてありません。
価格が今後高くなりそうなやつを買って高くなったら売るというやってることとしでは今流行のメルカリ転売みたいなものです。

転売と同じく大量に買えば買うほど価格が上がったときのリターンを大きくなりますが
価格が下がった場合のダメージもでかくなります。
しかもFXの場合レバレッジがありスキン以上の売買がかどうなので価格が数パーセント動いただけでチキンを全部吹っ飛ばして0円になっちゃったりします。

やりようによってはそれほどにリスクも取れちゃうのがFXであるという意識を持っておくことが大事です。

その上で最悪ゼロになっても良いな子自分自身でしっかりと考えてその額だけを入金
するようにしましょう。

またトレードで稼いで講座資金が増えた場合もある程度はとっとと出勤しちゃうのがオススメです。

よくあるのがやりやすい相場状況のときに初めて順調に資金が増えたけどさらに増や
そうとして大きくリスク取った時にちょうど相場状況が変わっちゃってもともとの資金もろとも吹き飛ばしちゃうみたいなパターンです。

相場状況なんてこんな感じで放置してれば儲かるみたいなときもあれば
ポジショニングが難しいときもあります。

こうした相場で楽に儲けてさらに増やそうとた時に分けて熱くなって
さらに負けてスッカラカンみたいなことは初心者です。

なのでこまめが出金の目安を設定しておくのがいいです。

元手分増えたら出金とか10万増えたら半分の5万は確保するってな感じです。

さらに口座にある大切なお金を吹き飛ばさないために数量のしっかり考えて注文を出しましょう。

数量はロットのか枚数とも言われているものでどれくらいの額を売買しますかって数値です。

この数量が大きければ当然価格変動に対する損益が大きくなるので
つまりこの数量さえしっかり考えてトレードしていれば資金が吹き飛ぶような大損をすることはありません。

大損したくなければ大損するようなお金をかけなければよいというシンプルな話です。

しかしFXにはレバレッジがあるので大損してしまうような金額での注文が可能に
なっちゃうんですよだだこれも先ほどの言った通り紅茶の入金額をコントロールして
おけばいいですじゆうてレバレッジの使い方次第ですそもそも

レバレッジというものを掛け算で考える人が多いですが個人的には割り算で考えるものだと思ってます。
例えば1000万円あるし近隣レバレッジ100倍で10億円のトレードをするみたいな考えではなく
1000万円をトレードレバレッジ100倍を使うことで資金が10万円でズームといった考えです。

つまり入金額を抑えられるシステムだと思うのですが終了の上限を上げられるシステムと捉えられることが多いのです

あとはベバレッジ100倍の口座に100万入金したら100倍の1億でトレードし
なきゃいけないみたいな勘違いも少なくないですがそうではなく
小さく1万円分のトレードも当然できます。

数量の設定をコントロールすればいいだけです自分自身がどれくらいの損益のトレードがしたいのかを事前に考えあえて適切な数量設定にしておけば決済時にこんなはずじゃなかったみたいなことは
避けられるはずですね

では最後に損切りですFXはポジションを持っていてそれがマイナス方向に動こうとも
決済をしなければ含み損が増えるだけで実際の資金が減ることがありません。


ゆえに含み損が回復するまで放置しちゃう人も少なくないのですが資金に対する含み損が大きくなりすぎるとある一定のラインで強制的に決済される強制ロスカットが発動し資金が吹っ飛ぶことになり得るのであまりお勧めしません。


戻る場合も多いのでやっちゃう気持ちもわかりますが損失は決済逆指値でコントロールすることをお勧めします。

これさえ設定しちゃえばポジション持った価格から損切りまでの変動分しか損しないようにできます。

そして先ほどの終了もしっかりと考えておけばその取引で最悪いくら損失が出るのからポジションを取る前にわかります。

例えば1万通貨でポジションを取ると通貨ペアにもよりますがだいたい1pipsあたりの変動損益は100円です。
50pipsで決済逆指値を入れた新規注文をすれば基本的に5000円以上の損失にはなりません。

5000円も許容できないってことであれば損切りまでの幅を狭めるだもしくは数量を下げることで解決できますとはいえ大きな損をしたくないからって
めちゃめちゃ狭い幅で損切り設定しちゅうとちょっとの変動で損失が確定しまくるので
数量の方で調整するのがベターですかね
こんな感じでそもそもの入金額数量損切りがあればは大損するってことがないと思います

逆に温存するには有り金を突っ込みベバレッジで2両を大きくして損切りも考えない取引をしないといけないので結構ハードル高いです。

それでも大損したといった話が絶えないのはこの辺を何も考えずにやってしまう人が多いのかなと思います。

まとめ

損失リスクを抑えると当然想定される利益も減るので人間の欲望という会なのです。

損失リスクをしっかりと考えその上で失って良い資金で1発当ててやろうみたいなトレードのはそれはそれで良いとは思います

金銭感覚とかに正解はないですし資金や稼ぎたい目標金額そのためにかけられる時間など人それぞれなので大事なのは自分自身に合うトレードを考えた上でやっていくことです。

タイトルとURLをコピーしました