アクティブ型の投資信託は、インデックスを上回れる?

アクティブ型の投資信託は、インデックスを上回れる? 投資
アクティブ型の投資信託は、インデックスを上回れる?

どうしてアクティブ型の投資信託はインデックス型の投資信託を安定して上回れないのでしょうか?

それどころかコストなどを差し引くと多くのアクティブ型の投資信託は指標よりも実質的な成績が悪くなってしまうのでしょうか?

多くの人にとっては、不思議なことに思えるはずです。なぜなら、インデックスである指標は、いわば市場の平均点とも呼べる存在だからです。 「ほら、平均点なら、プロ(アクティブ型の投資信託のファンドマネジャー)が頑張ればすぐに超えられるでしょう」と思いますよね。

ですが、実際には市場の平均点ともいえる指標は非常に高いハードルなのです。それはなぜでしょうか? それは、平均点を超えようと頑張れば頑張るほど平均点が効率化されるからです。ちょっと哲学的なお話に聞こえるかもしれません。

少しかみ砕きましょう。例えば、世界中のファンドマネジャーなどのプロが「平均点を超えよう」と頑張って、割安な銘柄や割高な銘柄を発見したとします。すると、次第にその銘柄は適正な価格になりますね。 じつはその結果の集合体が平均点なのです。

そのため、頑張るほど平均点そのものを超えることはむずかしくなってしまうのです(平均点が「高い・超える」という表現は厳密には適切ではありませんが、未経験者の方向けのイメージとしてとらえてください)。 別の言い方をすると、金融機関のプロたちが優秀であればあるほど、平均点は高くなってしまうのです。

ですが、売り手である証券会社や銀行は、なかなかそれを認めるわけにはいきませんね。 もしも、それを認めてしまうと、高いコストのかかるアクティブ型の投資信託は非合理的な存在で売れにくいからです。

アクティブ型の優秀なマネジャーや個別の株式投資家が不要だというわけではありません。 もしも、割安な株や割高な株がそのまま放置されていたら、今度はインデックスタイプの投資信託が非合理的になってしまいますから。 このように、アクティブとインデックスは互いにお互いを高めあう、コインの表と裏のような存在なのです。 もっとも、私たちにはコストの安いインデックスタイプの投資信託が向いていますが。

タイトルとURLをコピーしました